『テス』(4Kリマスター):文芸大作を堪能、文芸大作がつくられた時代を懐古する @リバイバル

1979年に製作されたロマン・ポランスキー監督作品『テス』、4Kリマスター版でのリバイバル上映で鑑賞しました。 トマス・ハーディの小説『ダーバヴィル家のテス』の映画化で、初公開時にも観ています。 原作も10~15年ほど前に読みました。 さて、映画。 19世紀末、英国東北部ドーセット地方のマーロット村。 子だくさんの貧し…
コメント:0

続きを読むread more

『ハロウィン』(1978):米国田舎町の都市伝説のはじまり @VHS

1979月に公開されたアメリカ映画『ハロウィン』、買い置きVHSで鑑賞しました。 原題は「John Carpente's HALLOWEEN」。 監督、脚本(共同)、音楽のジョン・カーペンターの名前が冠されています。 初公開時にも観ているのですが、4月にブラムハウス版の続編リブートシリーズ完結作『ハロウィン THE END』が…
コメント:0

続きを読むread more

『ブラック・フォン』:フィニーの冥界脱出作戦、なんてタイトルは付けちゃダメよ @DVD

昨年7月に公開されたアメリカ映画『ブラック・フォン』、DVDで鑑賞しました。 リメイク版『炎の少女チャーリー』と連続公開されていましたね。 製作も同じくブラムハウス。 原作はジョー・ヒルの短編小説『黒電話』(未読)。 ジョー・ヒルは、スティーヴン・キングの息子ですね。 さて、映画。 70年代米国コロラド州の田舎町。 …
コメント:0

続きを読むread more

『炎の少女チャーリー』(2022):チャーリーの年齢を引き上げたのは裏目に出たね @DVD

昨年6月に公開されたアメリカ映画『炎の少女チャーリー』、DVDで鑑賞しました。 原作はスティーヴン・キングの『ファイアスターター』。 1984年にドリュー・バリモア主演で映画化されていますね。 84年番も公開当時に観ています。 さて、映画。 米国の田舎町で暮らす中学生の少女チャーリー(ライアン・キーラ・アームストロング…
コメント:0

続きを読むread more

『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』:愛のシャリオ @DVD

昨年4月に公開された映画『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』、DVDで鑑賞しました。 監督はフィリッポ・メネゲッティ、これがデビュー作。 製作はフランス・ルクセンブルク・ベルギーの合作。 さて、映画。 南仏モンペリエのアパルトマンに暮らすニナ(バルバラ・スコヴァ)とマドレーヌ(マルティーヌ・シュヴァリエ)。 ふたりは最上階…
コメント:0

続きを読むread more

『グレート・インディアン・キッチン』:悪夢のようなインドの伝統的価値観に基づいた生活・・・・ @DVD

昨年1月に公開されたインド映画『グレート・インディアン・キッチン』、DVDで鑑賞しました。 最近、再びインド映画ブームが来ているようですが、本作はそれらとは別のシリアス路線の映画。 さて、映画。 インド南西部ケララ州北部にある比較的近代化が進んだカリカットの町。 高位カーストの夫(名前は示されない。スラージ・ヴェニャーラ…
コメント:0

続きを読むread more

『帰らない日曜日』:ヴァージニア・ウルフ小説のような「意識の流れ」 @DVD

昨年5月に公開された英国映画『帰らない日曜日』、DVDで鑑賞しました。 公開時に気になる映画としてピックアップはしておいたのですが・・・ そのときは「戦前の英国を舞台にしたラブロマンス。階級差などもも感じる物語で、文芸映画という雰囲気が漂ってきます」と記しています。 さて、映画。 第一次世界大戦終結からしばらくたった19…
コメント:0

続きを読むread more

『ドリーム・ホース』:競馬ファンとしてはちょっと物足りなかったかなぁ @ロードショウ

ことしに入ってから公開の映画『ドリーム・ホース』、ロードショウで鑑賞しました。 スマッシュヒットのようで、鑑賞した回も多くの座席が埋まっていました。 さて、映画。 英国西部ウェールズの谷間の小さな村に暮らす主婦ジャン(トニ・コレット)。 年老いた両親の家にほど近いところに夫と暮らしている。 かつては、レース鳩や犬を飼育…
コメント:0

続きを読むread more

『とべない風船』:三浦と東出の無表情さが映画に奥行きを与えていますね @ロードショウ

東出昌大主演の映画『とべない風船』、ロードショウで鑑賞しました。 ことしに入ってからの公開ですが、2週間程度で公開終了しているところも多いようです。 公開終了と映画の出来とは関係ないですが。 さて、映画。 東京で教師をしていた30歳前の凛子(三浦透子)。 父親が定年後に移住した瀬戸内海の島にやって来る。 教師生活でう…
コメント:0

続きを読むread more

『思い出のマーニー』:不満はあるのですが、初鑑賞時よりも面白く観れました @テレビ放映

米林宏昌監督の『思い出のマーニー』、テレビ放映で鑑賞しました。 初公開の2014年にも映画館で鑑賞していますから、今回が2回目。 初鑑賞時の感想は「微妙・・・」というのが正直なところ。 今回もやはり「微妙・・・」。 さて、映画。 札幌から療養のため北海道東部湿地帯の叔母の家に滞在することになった杏奈。 ほどなくして、…
コメント:0

続きを読むread more