『選ばなかったみち』:静かなる意識の流れ、去来する思い @DVD

ことし2月に公開された『選ばなかったみち』、DVDで鑑賞しました。 前置きなしで、さて、映画。 メキシコからの移民のレオ(ハビエル・バルデム)。 かつては作家であったが、現在は認知症を患い、介護を受けながら、高架線路脇の古いアパートの一室でひとりで暮らしている。 しかし、認知症の程度は重く、ひとりで暮らせる状態ではない。…
コメント:0

続きを読むread more

『わたしのお母さん』:静かなる確執 @ロードショウ

11月中旬から公開中の日本映画『わたしのお母さん』、ロードショウで鑑賞しました。 井上真央と石田えりが娘と母親を演じています。 さて、映画。 30代半ばで三人きょうだいの長女・夕子(井上真央)。 弟夫婦と実家で暮らしていた母・寛子(石田えり)だったが、ボヤを起こしたことから、夕子の方で一時引き受けることになった。 が、…
コメント:0

続きを読むread more

『ヒューマン・ボイス』:ヒステリックな演技と色彩鮮やかな舞台 @ロードショウ

『パラレル・マザーズ』と同時公開されているペドロ・アルモドバル監督短編映画『ヒューマン・ボイス』、ロードショウで鑑賞しました。 もとはジャン・コクトーの戯曲「人間の声」で、それをアルモドバルが翻案したもの。 さて、映画。 ある中年の女性(ティルダ・スウィントン)。 モデルか女優のようである。 彼女は先ごろ恋人と別れたば…
コメント:0

続きを読むread more

『パラレル・マザーズ』:スペイン内戦下のシングルマザーの話が観たかったなぁ @ロードショウ

11月初旬から公開のペドロ・アルモドバル監督最新作『パラレル・マザーズ』、ロードショウで鑑賞しました。 タイトルからわかるとおり、アルモドバル監督のライフワークともいうべき「母の物語」。 さて、映画。 写真家のジャニス(ペネロペ・クルス)は、故郷の村にあるスペイン内戦初期の遺骸の発掘を通じて法医人類学者のアルトゥロ(イスラ…
コメント:1

続きを読むread more

『ある男』:自己の本質を見失う不安は常につきまとう @ロードショウ

11月中旬から公開の映画『ある男』、ロードショウで鑑賞しました。 監督は『愚行録』『蜜蜂と遠雷』などの石川慶。 原作は平野啓一郎の同名小説ですが未読。 さて、映画。 九州で暮らすシングルマザーの谷口里枝(安藤サクラ)。 夫と暮らした横浜から離婚後、実家に戻り、役所勤めしながら実家の文具店を手伝っていた。 ある日、文具…
コメント:0

続きを読むread more

『ジョディ・フォスター/避暑地のラブ・ストーリー』:ラブストーリーじゃあないよ @VHS

劇場未公開作品『ジョディ・フォスター/避暑地のラブ・ストーリー』、買い置き中古VHSで鑑賞しました。 1977年製作のイタリア映画で、原題は「IN THE BEACH HOUSE」。 イタリア映画なのに英語のタイトルとはヘンだなぁと思うが、英語発声版。 かつてのイタリア映画にはこの手の映画がよくありました。 さて、映画。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『土を喰らう十二ヵ月』:独特のユーモアを含んで丁寧に撮られた映画 @ロードショウ

11月中旬より公開中の『土を喰らう十二ヵ月』、ロードショウで鑑賞しました。 水上勉の随筆『土を喰ふ日々 わが精進十二ヶ月』を原案にした映画です。 読んだことはないのですが、漫画『美味しんぼ』で何度か引用されていたのを記憶しています。 ほうれん草の挿話は、そちらで知りましたが。 さて、映画。 最愛の妻を13年前に喪い、長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『すずめの戸締まり』:おなじみ要素が満載なれど、力強いメッセージに感動しました @ロードショウ

新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』、ロードショウで鑑賞しました。 『君の名は。』『天気の子』とあわせて「三部作」と呼んで差し支えないでしょう。 さて、映画。 九州宮崎県の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)。 ある朝、扉を探しているという青年と出会う。 その扉は廃墟にあるという。 ならば、と教えた鈴芽だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『天間荘の三姉妹』:半分死んだら驚いた @ロードショウ

10月末から公開中の映画『天間荘の三姉妹』、ロードショウで鑑賞しました。 12月に閉館が決まっている渋谷TOEIの最後の封切作品です。 さて、映画。 天涯孤独な少女・小川たまえ(のん)が黒ずくめ女(柴咲コウ)に連れていかれた先は、海にほど近い旅館「天間荘」。 黒ずくめの女が語るには、「たまえは交通事故で臨死状態になり、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『桜色の風が咲く』:蒙を啓くためのコミュニケーション @ロードショウ

11月初旬から公開中の映画『桜色の風が咲く』、ロードショウで鑑賞しました。 世界で初めて盲聾者の大学教授となった福島智さんと母・令子さんの実話を基に描いたドラマ。 大手製作の映画ではないので、公開劇場数が少ないですね。 さて、映画。 兵庫県で暮らす5人の家族。 夫・福島正美(吉沢悠)は学校教師、妻・令子(小雪)はやんち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more