『カミーラ/あなたといた夏』:交通整理ができていなくて残念 @中古DVD

画像


『ドライビング Miss デイジー』『フライド・グリーン・トマト』で有名な女優ジェシカ・タンディの最晩年の作品です。
彼女がタイトルロールのカミーラを演じています。
映画は・・・

あまり売れていない商業デザイナーのイライアス・コーティスと、自称音楽アーティストのブリジット・フォンダ夫妻が夏のバカンスに出かけます。
夏の期間借り受けたバンガローの大家がジェシカ・タンディ演じるカミーラ。
彼女は元バイオリニストで、少々エキセントリックなところがあり、同じような気性のブリジット・フォンダと意気投合をします。
夫のイライアス・コーティスが仕事でトロントへ戻ってしまい、二人きりになったジェシカ・タンディとブリジット・フォンダ。
ふたりは、後悔した過去と、これからの自信を取り戻す旅にでかけます・・・

ストーリーだけみれば悪くはないけれど、ジェシカ・タンディとブリジット・フォンダのキャラクターが被っていたり、旅の道中も行き当たりバッタリだったりで、とっ散らかった感じ。

カミーラに思いを寄せていたバイオリン職人を演じるのが、ジェシカ・タンディの実生活での夫ヒューム・クローニン、というような映画ファン泣かせなところもあるのですが、評価としてはギリギリ★3つですねぇ。

------------------
2011年映画鑑賞記録

 新作:2011年度作品
  外国映画 6本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 0本)
  日本映画 3本(うちDVD、Webなどスクリーン以外 1本)

 旧作:2011年以前の作品
  外国映画15本(うち劇場 0本)←カウントアップ
  日本映画 1本(うち劇場 0本)
------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • カミーラ あなたといた夏 -あなたといた夏

    Excerpt: 『カミーラ/あなたといた夏』:交通整理ができていなくて残念 ... とブリジット・フォンダのキャラクターが被っていたり、旅の道中も行き当たりバッタリだったりで、とっ散らかった感じ。 カミーラに思いを寄.. Weblog: 光かがやく racked: 2011-05-27 08:25