『輝ける人生』:予定調和な物語だが、滋味深い顔合わせに満足 @DVD・レンタル

画像

昨年初秋にロードショウされたイギリス映画『輝ける人生』、DVDで鑑賞しました。
監督は『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』のリチャード・ロンクレイン
さて、映画。

永年警察署長を務め、この度「ナイト」の称号を得ることになった夫を持つサンドラ(イメルダ・スタウントン)。
こともあろうか、受勲祝賀会の場で、夫の浮気が発覚。
家を飛び出たサンドラが向かった先は、長らく親交がなかった姉ビフ(セリア・イムリー)のもと。
若い頃、学生運動をし、いまもリベラルな姉とサンドラの仲は、なかなかしっくりこない・・・

といったところから始まる物語で、その後、ビフに誘われダンスクラブにいやいや出かけたサンドラは、そこで素敵な仲間と知り合う。
ボートでひとり暮らしをしているチャーリー(ティモシー・スポール)もそのひとりだった・・・と展開する。

原題「FINDING YOUR FEET」は直訳すれば、「あなたの足をみつけること」だけれど、「自分の居場所を見出すこと」といったような意味なのだろう。

早くに結婚し、夫に甲斐甲斐しく尽くすハウスキーピングが妻の役割、といつしか思い込んでいたサンドラが、ビフやチャーリーと知りあい、かつての情熱や希望やなんかを遅まきながら見出す物語は、嫌味なく楽しめます。

ポスターなどのメインデザインに使われているダンスの様子はモチーフのひとつにすぎないけれども、ビフやチャーリーにもハイドストーリーがあって、映画のスパイスとなっています。

イメルダ・スタウントン 、ティモシー・スポール、セリア・イムリーの3人は英国のベテラン俳優でよくみかけるが、もしかしたら、本作品が3人の初顔合わせかもしれません。
なかなか滋味深い顔合わせです。

評価は★★★☆(3つ半)です。

------------------
2019年映画鑑賞記録

新作:2019年度作品: 8本
 外国映画 8本(うちDVDなど 0本)
 日本映画 0本(うちDVDなど 0本)

旧作:2019年以前の作品:14本
 外国映画11本(うち劇場鑑賞 3本)←カウントアップ
 日本映画 3本(うち劇場鑑賞 2本)
------------------

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2019年03月27日 15:53
こういう作品は好きですね。一見地味ですが、俳優さん達は味があってうまいし、話も起伏があり、最後に希望もあっていいです。現実社会はこうはうまくいかないから、映画の中だけでもストレスはなしでいきたいものです。
2019年03月27日 23:29
ぷ~太郎さん、いわゆるウェルメイドな英国喜劇なので、好きな部類の映画ですよ。

この記事へのトラックバック