『劇場版 きのう何食べた?』:日常のちいさな幸せは大きな幸せ @ロードショウ

劇場版・きのう何食べた.jpg

西島秀俊、内野聖陽主演の『劇場版 きのう何食べた?』、ロードショウで鑑賞しました。
テレビシリーズのファンで、前回のお正月スペシャルではちょこっとエキストラ出演しました。
それにしても、劇場映画になるとは思わなかったなぁ。
いまでは、西島秀俊といえばシロさん、内野聖陽といえばケンジですね。
さて、映画。

いっしょに暮らす弁護士のシロさん(西島秀俊)と美容師のケンジ(内野聖陽)。
しまり屋のシロさんから、誕生日のお祝いにと、一緒に京都旅行に行くことになったケンジ。
だが、家計に厳しいシロさんがこんな豪華な旅行をプレゼントしてくれるなんて・・・と訝しんだケンジの頭には、
浮気、別れ、もしかして重病で死が近い・・・と余計な妄想が湧いて来る・・・

といったところからはじまる物語で、実はシロさんからケンジに対するお詫びだったと打ち明けられます。

そのお詫びというのは、

正月に、はじめてケンジを実家に連れて行ったシロさんだったが、その後、ひとりで実家に戻ったところ、重大なことを両親から打ち明けられる。
正月は和気藹々と過ごしたが、ふたりが帰った後、シロさんの母親(梶芽衣子)が寝込んでしまった。
頭ではわかっているつもりだったが、やはり、同性のパートナーと並んでいるところを見たことが相当ショックだったもよう。
なので、今後は、ふたりで来てくれるな、と。

大したことではないような事柄だけれど、実は厄介なこと。

頭ではわかっているつもりだったが・・・というところが厄介で、いっそのこと、同性のパートナーなんてとんでもない、と頭ごなしに否定される方が楽なような感じもする。
まぁ、価値観というか、考え方の溝というか、そういうものを埋めていくのは、頭ではわかっている・・・方がいいのかもしれないけれど。

映画は、その後も、そんな、大したことではないような事柄だけれど、実は大したこと、のような事柄が綴られていきます。

シロさんのスーパー仲間の富永さん(田中美佐子)に孫ができることをやっかんで、「そんな孫が大切なの」とすねちゃう航くん(磯村勇斗)。
その航くんが数日、帰宅していないと慌てふためく同性パートナーの小日向さん(山本耕史)。
ケンジが同僚の若い男性スタッフと親密な関係では・・・はたまた、病院通いは重病なのか・・・と気に病むシロさん。

これらのエピソードが表わしているのは、日常のちいさな幸せ、そんな幸せはふとしたことで壊れてしまうかもしれない、ということ。
「ぼくたちが感じている幸せは、些細なことで壊れてしまうのです!」というのは、小日向さんがシロさんに向けた言葉なのだけれど、それは同性カップルに限ったことではなく、誰もが皆、ふとしたことで「幸せな日常」は消えてしまうことを、新型コロナウィルスが蔓延し、大変なことを経験したわたしたちは知っている。

それが感じられるいま、スクリーンで他の人々と一緒にこの映画が観られることが幸せなんだ、と改めて感じました。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:63本
 外国映画36本(うちDVDなど16本)
 日本映画27本(うちDVDなど10本)←カウントアップ

旧作:2021年以前の作品:85本
 外国映画60本(うち劇場鑑賞 4本)
 日本映画25本(うち劇場鑑賞 5本)
------------------

この記事へのコメント

2021年11月20日 19:48
ホントですね!
この二人の掛け合いが、微笑ましくて最高でした!
小さな幸せを、分けてもらった気分になりました。
じゃむとまるこ
2021年11月20日 21:46
今日、若い生徒さん(って50歳近く)とこのドラマの話をしていて、映画もやってるよね、とちょっと心が動いたところです。
近所の映画館で上映中なので明日観に行く予定になりました。
「ジルベール」って、えーーー!?あれしかないよね~と盛り上がりました。
りゃんひさ
2021年11月20日 22:34
>トリトンさん

微笑ましい様子をみると、こちらも微笑ましく幸せになりますね。
りゃんひさ
2021年11月20日 22:35
>じゃむとまるこさん

是非ともご覧くださいませ。
2021年12月17日 21:35
こんばんは。
私こちらにコメントを付けさせていただいたつもりだったのですが、反映されていないようでしたので、もう一度遅ればせながらお邪魔します。
笑って泣けて良い作品でした。
>そんな、大したことではないような事柄だけれど、実は大したこと、のような事柄が綴られていきます。
これですよね、これこれ。
大したことがなくっても実は大したことが続くのが日常であり、人生ですからね。
りゃんひさ
2021年12月17日 21:53
>ここなつさん

>大したことがなくっても実は大したことが続くのが日常
それを描くのがホームドラマだと思うのですが、最近はそういう映画も少なくなりました。

この記事へのトラックバック