『恋恋豆花』:台湾に行きたくなったなぁ @DVD

恋恋豆花.jpg

昨年2月に公開された『恋恋豆花』、DVDで鑑賞しました。
タイトルは「レンレンドウファ」と読みます。
「恋恋」とくれば続くのは「風塵」。
やはり侯孝賢監督『恋恋風塵』の想起しますね。
というわけで、日本と台湾の合作映画。
さて、映画。

大学生の奈央(モトーラ世理奈)。
ひょんなことから、父・博一(利重剛)と再婚予定相手・綾(大島葉子)とふたりで台湾旅行をすることになった。
恋人と意見が合わなくなった上に、女友だちとの関係もギクシャク。
よく知らない相手と旅行なんてできるのかしらん・・・

といったところからはじまる物語で、美味しいものとゆったりとした人々との交流で再生する話。

ははは、再生と大げさなものではないが、再生とはこれぐらいのことを言うんだねって感じで、悪くない映画。

大柄で、いつも仏頂面のモトーラ世理奈には、おおらかで懐が深い台湾が良く似合う。

『アイコ十六歳』以降も少女心理や少女趣味の変わらない今関あきよし監督には、今回の映画はうってつけ、ってところですね。

父・博一と綾の行く末もいい塩梅に落ちついて、悪くない出来栄え。

台湾に行きたくなったなぁ。

評価は★★★(3つ)としておきます。

------------------
2021年映画鑑賞記録

新作:2021年度作品:58本
 外国映画36本(うちDVDなど16本)
 日本映画22本(うちDVDなど 7本)

旧作:2021年以前の作品:82本
 外国映画57本(うち劇場鑑賞 4本)←カウントアップ
 日本映画25本(うち劇場鑑賞 5本)
------------------

この記事へのコメント

ぷ~太郎
2021年11月05日 22:31
この作品、台湾に興味があるのでDVDで観ました。話の方は割とどうでもよかったのですが、それなりに観れましたし、なにより食べ物がおいしそうでしたね。台湾では何を食べてもおいしいんですよね。豆花は知らなかったので、さっそく買ってきて食べてみましたが、優しい味で本場に行って是非食べてみたいと思いました。
りゃんひさ
2021年11月06日 22:09
>ぷ~太郎さん

豆花、やわらかい豆乳プリンみたいな感じですかね。

この記事へのトラックバック