『すずめの戸締まり』:おなじみ要素が満載なれど、力強いメッセージに感動しました @ロードショウ

すずめの戸締まり.jpg

新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』、ロードショウで鑑賞しました。
『君の名は。』『天気の子』とあわせて「三部作」と呼んで差し支えないでしょう。
さて、映画。

九州宮崎県の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)。
ある朝、扉を探しているという青年と出会う。
その扉は廃墟にあるという。
ならば、と教えた鈴芽だったが、気になった彼女は、青年より先に件の扉を見つけ、付近にあった猫に似た石をどけ、扉を開けてしまう。
それは「常世」に通じる扉で、荒ぶる神を閉じ込めておく扉だった・・・

といったところからはじまる物語で、その後、石から変じた猫に椅子に変えられた青年・草太とともに、石から変じた猫を追って扉を閉め続ける旅が始まる。

『君の名は。』『天気の子』とあわせて「三部作」と呼んで差し支えない本作は、災害を題材にしている、その災害に関わる少女がキーパーソンとして登場するなど、前2作との共通点も多いです。

そんな本作、個人的には前2作よりも好感が持て、面白かったです。

大災害をなかったことにしてしまう(ある意味、乱暴な)『君の名は。』、大災害の後であっても、その傷跡は悲観するものではないかもしれないと(これまた乱暴なことを)いう『天気の子』を経て、本作では「大災害そのものは大災害として受け止めた上で、それでも未来に生きていける」と宣言しているあたりは、ストリーテリングとして王道であり、災害との向き合い方を新海誠監督が変化したと感じました。

荒ぶる神(みみずと呼ばれる土霊)、奔放な神(ダイジンと呼ばれる猫)などは古来の神話からのイメージで、宮崎駿監督作品でも引用されていましたね。
この他にも宮崎アニメとの類似点は、ユーミン『ルージュの伝言』、軽自動車、自転車、声優でない俳優のキャスティングなどがあります。
そういえば、キャラクターデザインも似ている気がします。

また、人間でない異物に変えられたひとを目覚めさせるのが愛するひとのキスなどは、西洋のフェアリーテイルに登場する要素だし、異世界の扉の向こうでの自己との再会もこれまで繰り返されて他の映画の中で登場しましたが、それらの「おなじみ」な要素が満載なのだけれど、面白かったと思えたのは、やはり「大災害そのものは大災害として受け止めた上で、それでも未来に生きていける」という未来に対する力強いメッセージのせいでしょうね。

評価は★★★★(4つ)としておきます。

------------------
2022年映画鑑賞記録

新作:2022年度作品:66本
 外国映画34本(うちDVDなど 7本)
 日本映画32本(うちDVDなど 0本)←カウントアップ

旧作:2022年以前の作品:81本
 外国映画61本(うち劇場鑑賞13本)
 日本映画20本(うち劇場鑑賞 3本)
------------------

この記事へのコメント

2022年12月14日 16:20
こんにちは。

>本作では「大災害そのものは大災害として受け止めた上で、それでも未来に生きていける」と宣言しているあたりは、ストリーテリングとして王道であり、
仰る通りと思います。
だからとても心に沁みるんですよね…そして希望のある未来も感じ取れる。
素晴らしい作品だったと思います。
りゃんひさ
2022年12月23日 23:16
>ここなつさん

コメントありがとうございました。
>>本作では「大災害そのものは大災害として受け止めた上で、それでも未来に生きていける」と宣言しているのが重要な点ですね。
すでに、震災の際に揺れていない地域では風化しはじめている感がありますゆえ。

この記事へのトラックバック